【嘘のような本当の話】1年間で36回死亡した女性、普通の蘇生処置は効果がなく、殴るなどの痛みでショックを与えなければ生き返れない ⇒ そんなのイヤだ!

【嘘のような本当の話】1年間で36回死亡した女性、普通の蘇生処置は効果がなく、殴るなどの痛みでショックを与えなければ生き返れない ⇒ そんなのイヤだ!

1年間に36回、およそ10日に1回死んでいる女性がその度に息を吹き返している嘘のような話が実際にイギリスでは起こっている。

女性の名前はサラさんで、彼女の病名は「体位性頻脈症候群」(PoTS)というもので、自律神経機能失調の一種だと考えられており、立ち上がると頻脈やふらつき、頭痛などを起こすもので、思春期に多いと言われている。

サラさんは21歳のときに、この病気のせいで急速に動悸が激しくなり、心臓が停止。血圧も急降下して、1年間に36回も医師が死を宣告する状態にまで陥ってしまったのだ。

いいね!ランド -LIKE LAND-

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタンのをタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

↑↑↑↑↑
続きを見るには
いいね!を押してね!

このボタンは閲覧数を増やす目的で設置しています。
メールアドレスは取得しておりません。

カテゴリ一覧